HOME>トピックス>マイホームづくりは一から計画することがポイント

気候風土にも詳しい

模型不動産イメージ一軒家

「はじめて」富山に移住したのなら、マイホームづくりの相談には、大規模となるハウスメーカー・設計事務所・工務店という依頼先がある中、ぴったりハマるのはどこになるのでしょうか。正解はマッチング次第ですが、地域密着型の工務店が適しています。制約がなく、好きな設備も使え、自由設計をウリにしています。富山という気候風土を熟知していて、今も心配される自然災害に関しても、昔ながらの頑丈な造りで応えてくれるのも特徴です。何より、移住してくるなら周辺の地理にも疎いはず、修繕などのアフターサービスをどこに頼むべきかも分からないでしょうから、そこまで充実しているのは魅力でしょう。

実物を見学できる

男女

富山の工務店、木造でも今風のモダンな住宅を建てるケースも増えていますし、注文住宅にも強みがあります。モデルハウスの展示ではなく、実際建てた家主に許可をもらい、建てた住宅を見学させてくれます。諸事情に配慮ができ、入居までの間、オープン展示とすることでローンの肩がわりをするなど、柔軟性も特徴です。

和風を得意とする

インテリア

富山でオープンハウス見学すれば、工務店に出会えます。施主参加型で、工務店からは建てたい家のコンセプトを教えて欲しいという前向きな対応がなされるケースが増えています。コンセプトが和みであれば、モダン和風で、太い梁の古民家風も得意とします。古民具、格子戸、掘り炬燵など、今は見受けられなくなりつつある物をセレクトする目利きに優れているのも特徴です。

広告募集中