HOME>オススメ情報>地域密着型となるからこそ、安心した暮らしが期待できる

メンテナンスまで担う

家族

富山に根付いた不動産業といえば、地元密着型の工務店が上げられます。マイホームを一から建てる際に、地元の情報をよく知るために、土地探しから相談できる事業所です。建てる際であっても、完成して引っ越した後でも、時間や手間を取られたくないのなら、メンテナンスを頼みやすい地元の工務店を選ぶことが利に適っているといいます。大工気質の施工者が多く、中には宮大工の経歴を持つ者もいるようで、自然素材(国内産の木材)を扱っているのも特徴です。ちなみに、こまめなメンテナンスが必要になる和室、いわゆる和風建築を得意とします。ですから、生活トラブルに繋がる可能性のある手入れ、点検などに期待できることからも利用できます。

家族で家づくりに参加

部屋

富山でマイホーム取得、あるいは建てるのであれば、地元工務店を選びましょう。何より、融通性があります。例えば、家族が家づくりに参加できることも可能で、床や壁の一部を塗装できたり、漆喰塗りまでが体験できます。塗り方も現場監督から指導してもらえるため、家族のための一戸建てであるのならば、協力的な工務店を選ぶのも有りです。ちなみに、床材などの建材が安いのも仕入れルートが確立している工務店ならではで、大幅コストダウンも期待できます。

コストカットを図る

案内する人

注文住宅は富山でも人気があり、もっとも得意とする工務店に依頼するケースも少なくありません。構造を含め、設計プランを根気強く検討してくれることも理由の一つです。柱、梁、根太のかけ方などの構造設計も得意とし、強度を保ちながらも部材を減らせる微調整も行ってくれます。和に強いため、全体の奥行き、庇の幅などまで考慮して大幅なコストカットにも努めるのは、単に技術があるだけでなく、これまでに培ったノウハウによるものです。

広告募集中